会社概要 COMPANY

小林まちづくり株式会社とは


民間の活力とスピード感と経営感覚をもって小林市と小林商工会議所が三位一体となり、小林市の活性化に取組む組織として誕生した会社です。
小林市に暮らす人、ひとりひとりの「まちへの想いや願い」を受け止め、活力に変え事業を営む会社です。

経営方針

まちづくり会社の使命として、都市機能の増進を総合的に推進することが求められている。民間企業の経営力を応用し都市経営を行う上で、中心市街地においてはこれまでと同じことをやり続けても期待される結果を出すことは難しく、固定概念にとらわれない新たな事業展開が必要と考える。
まちづくりのプレーヤーとしてデベロッパー機能を中心に市街地開発、物販飲食事業、賑わい創出イベント事業を展開し、ここで得た利益をまちに還元する自立した循環型の都市経営を目指していく。

社名 小林まちづくり株式会社
代表者 代表取締役 柊崎庄二
本社所在地 〒886-0008
宮崎県小林市本町16
TEL. 0984-27-3280
FAX. 0984-27-3257
資本金 5,000万円
設立日 平成26年11月21日
従業員数 8名(平成30年6月現在)
役員 取締役 熊ノ迫文夫
税所篤朗
吉留髙志
前原和明
瀬戸山雅光
監査役 兒玉潤一

事業案内

まちづくり事業

■マネージメント機能
複合施設のデベロッパー業務 / テナントリーシング業務 / TENAMUビル管理業務
■市街地エリア整備事業
江南跡地整備 / 江南跡地周辺整備
■イベント・賑わい創出事業
観光交流センターの活用 / 空き店舗の活用 / まちなか情報発信
■物販・飲食事業
地域資源、産品の商品化・販売
■各種受託事業
ソフト事業等の受託 (ふるさと納税お問い合わせセンター・コミュニティ・スペース管理運営)

観光推進事業_DMO

■着地型商品の企画・開発
■観光イベントのマネタイズ化に向けた企画・開発
■観光ムービーによる地域資源の発信
■インバウンド誘客の企画・開発
■市民の観光アイデア実現化に対する支援

沿革

  • 平成25年4月小林市まちなか商業活性化協議会 設立
    中心市街地の中核的スーパーを核店舗に位置付け小林駅と商店街を回遊させる計画作成を検討。
    目的に中心市街地活性化に向けた若手リーダーの育成、商店街に必要な情報発信、イベント実施の拠点設計、組織の運営方法、施設の利用計画等を調査検討し、再び人の流れを中心市街地に呼び戻し活性化することを掲げた。
  • 平成25年7月中核的スーパーが閉店
  • 平成25年10月中心市街地魅力発掘・創造支援事業を活用し中心市街地の個性や生活者のニーズを把握し、まちの魅力を真に高める方策を探る調査を実施。
    ワークショップ方式による「まちづくりのニーズ調査」、街頭インタビュー方式による「まちづくりのマーケティング調査」、駐車場や業種業態現状を把握する現場調査方式による「機能状況調査」を実施。
  • 平成26年5月小林市中心市街地活性化協議会 設立
    小林商工会議所が中心となり、まちづくり会社の存在がないため法的には任意協議会とはなるが、小林市の中心市街地活性化基本計画策定への調整・実効性への寄与などまちづくりを総合的に推進する組織として、市内の主要23団体・個人が肩を組み「オール小林」として、本気でまちづくりに挑む覚悟を示す象徴的な団体として設立。
  • 平成26年11月小林まちづくり株式会社 設立
    出資者 7名 資本金1,400万円
    小林市のまちづくりを官民協働で進めていく上において、民間の活力であるスピード感と経営感覚をもってマネジメントすることで活性化につなげることを目的。
    閉店したスーパー跡地の再開発の検討、小林駅前整備事業と連携した賑わいの創出など固定概念にこだわらないまちづくりの検討に入る。
  • 平成27年1月小林まちづくり株式会社 増資
    出資者 10社(名) 増資額1,000万円
  • 平成27年2月閉店したスーパー跡地の取得に関する陳情書を小林市議会及び小林市長あてに提出
    小林市中心市街地活性化協議会、小林商工会議所、小林市商店連合会、小林市観光協会、小林まちづくり株式会社の連名にて提出
  • 平成27年3月小林市議会より閉店したスーパー跡地の取得に関する陳情の採択を受ける。
  • 平成27年4月小林まちづくり株式会社 増資
    出資者 14社(名) 増資額1,600万円
  • 平成27年5月~閉店したスーパー跡地の地権者に対し、対象用地の重要性・譲渡後の活用について説明をしながら、譲渡に向けた合意形成の後押し活動を実施。
  • 平成27年7月小林まちづくり株式会社 増資
    出資者 10社(名) 増資額1,000万円
  • 平成27年11月小林市が閉店したスーパー跡地を取得
  • 平成27年12月小林まちなか創生プロジェクト調査事業を実施
    中心市街地の魅力を向上させるために、市民がまちづくり・核施設に関わること等についての調査を実施した。
  • 平成28年2月小林まちなか複合ビルの基本構想
    小林市中心市街地活性化シンポジウムにおける事業説明
  • 平成28年3月小林市が、「小林市中心市街地活性化基本計画」を策定
    内閣総理大臣の認定を受ける。
  • 平成28年4月小林まちなか複合ビル実施計画着手
  • 平成28年9月小林市ふるさと納税事務受託店
  • 平成28年11月株式会社前畠商店(松栄ストアー)様との出店合意
  • 平成28年11月小林まちなか複合ビルの計画内容を公表
  • 平成29年1月小林まちなか複合ビル着工「安全祈願祭」
  • 平成29年4月株式会社宮崎銀行から行員1名の出向受け入れ、同時に観光推進部を新設
  • 平成29年4月小林まちなか複合ビル名称決定「TENAMUビル」
  • 平成29年4月小林市観光推進協議会設立と同時に、協議会事務局(観光DMO法人)となる。
  • 平成29年5月JR九州と提携した日帰りツアー「A列車で行こう」※参加者数:157人(2日間)
  • 平成29年5月小林まちなか複合ビル「上棟式」
  • 平成29年6月東京海上日動コンベンション「オプショナルツアー」※参加者数:50人
  • 平成29年7月小林版カマコン(一般社会人向け、小林高校生向け)
  • 平成29年7月小林コスモス一色プロジェクト実行委員会発足
  • 平成29年8月小林市観光推進協議会「第1回会議」
    ・日本版DMO形成・確立計画(案)承認
    ・須木部会設立承認